CASE2 独立開業の夢にチャレンジ!(Uターン)

更新日:2019年01月31日

case2 写真1

地域に愛され、地域に生かされる生きがいと充実感。

愛着ある地元での動物病院オープン。

 「いずれは自分たちの動物病院を立ち上げたいという夢をもっていたのですが、愛着のある地元富士市でその夢をかなえられた今は、公私ともにとても充実しています」と語る西村力也さん。
 「2015年に移住を考え始めて、ここ富士市に移住するまで約1年間。思った以上にスムーズに計画が進みました」と振り返る西村さん。富士市の他にも、近隣市や奥様の地元である川崎市などいくつかの候補地を挙げて検討したそうです。

動物を診察時に使用する聴診器

起業を支えてくれた「f-Biz egg」の存在。

 そんな西村さんの移住計画を大きく前進させたのが、偶然知った「f-Biz egg」の存在でした。
 「正直なところ、まず何をすべきかもよくわかっていなかったので、専門の担当者の方が起業にあたって準備すべきこと、候補地やその周辺の商圏情報、オープンまでの段取りなど、自分が気付かない部分まで親身にフォローしてくれたのが本当に心強かったです。今でも、「f-Biz egg」の方々にはお世話になっていますので、もしもこの出逢いがなかったら今のこの暮らしは始まってさえいませんでしたね」。
 西村さんファミリーの夢の結晶である「りき動物病院」には、今日もたくさんのペットやオーナーさんたちが詰めかけ、お二人とも獣医師として忙しいながらも充実した日々を送っています。

誰かのお役に。その思いがつなげた縁。

 「開院間もないにもかかわらず、お陰様で多くの飼い主様に来院いただいていますが、それはこの地域の方が動物病院を真に必要としていたということの表れ。『誰かの役に立てること』は、そのまま自分自身の生きがいや充実感につながっていますし、また病院運営という面でも、本当にいい場所を見つけることができました」。
 「f-Biz egg」との出逢いという縁、そして動物を通して結びついた地域の方々との縁。大切な二つの縁が、西村さんファミリーの夢のますますの実現を、これからもしっかりと後押ししてくれることでしょう。

CASE2 写真2
CASE2 写真3

 さんさんと差し込む光に満ちた『りき動物病院』は、動物たちや飼い主さまがフレンドリーに交流する空間、元気になったペットたちと「ありがとう」の声に、活力をもらう日々。

Profile

西村力也さんファミリー

 2016年まで、千葉県でお二人そろって獣医師として活躍されていたご夫妻。自分の動物病院を立ち上げたいという夢を叶えるため、ご主人の地元である富士にUターン。「りき動物病院」は、今や地域でも評判の動物病院として愛されている。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 企画課 移住定住推進室
〒417-8601
静岡県富士市永田町1丁目100番地
TEL:0545-55-2930(直通)
FAX:0545-53-6669
MAIL:kurasu@div.city.fuji.shizuoka.jp